今回は、閏戸の吾庵橋にまつわる話です。

見沼代用水に沿って遡って行くと、新幹線の高架をくぐり、さらに行くと老人ホームが二軒あります。
その少し上流の見沼代用水に架かる橋が「吾庵橋」です。

P1010016


「吾庵」と言う名は、大田道灌が付けたという言い伝えがあります。
大田道灌は、河越と岩槻の二つの城を行き来する時に、この場所を通っていました。
ここは昔は交通の要衝で、鎌倉街道が通っており、原市方面からここまでの間は沼で、船の便が
行き来していました。この場所で船を降り、荷物を降ろした人々は一息ついてから、それぞれの目
的地へ発って行きました。人々が道中の疲れを癒せる様にと、道灌は松の木を植え、お休み処を
整備し、この場所に「吾庵」という名を付けたということです。

P1010011
庚申塔

江戸時代には見沼代用水路が造られ、水路を利用した荷船が行き来する様になりました。
当時の水路は現在の3倍の広さで、通船会社は昭和6年までありました。橋のたもとの斉藤さん
の家が、その会社だったそうです。橋のそばにある庚申塔には道しるべが標してあり、鎌倉街道の
分岐であった事が伺えます。

P1010013
通船会社印(斉藤さんに見せていただきました)


今は街はずれの静かな田舎道の風情ですが、交通の要衝としての賑わいがあった場所だった昔
を思ってみるのもいいかなと思います。