今回は、馬込辻谷にあります「寅子石」を紹介します。

P1010007


「寅子石」というのは、板石塔婆(板碑ともいう)といって、秩父地方で取れる緑泥片岩で作られた供養塔です。
高さが4mあり、埼玉県で2番目の大きさです。もっとも埼玉県秩父地方を中心にした地域にしかありませんので、日本で2番目とも言えます。
畑の中にある墓地に、ひときわ大きく聳え立っています。
「寅子石」は、親鸞聖人の直弟子の真仏法師の報恩供養の為に、唯願法師が延慶4年(1311)に建立したものです。
 
P1010016



板石塔婆が沢山並んでいてビックリするのが都幾川の慈光寺です。山道を登っていくと、杉木立の参道の道端に突然現れます。
大きな板碑がずらりと並んでいる姿は圧巻です。
慈光寺は、唐の国からやってきて奈良の都に唐招提寺を建立した鑑真和上の直弟子、釈道中という人が創建した山寺です。
開山は白鳳2年(673)僧慈訓が千手観音堂を建て、開基しました。
 
どちらも歴史的価値が高く、一度見ておく価値はあると思います。秋晴れの休日に訪ねてみてはいかがでしょうか。