今回は、10月8日(土)に閏戸の愛宕神社で行われました「式三番」を紹介します。

P1010037


「式三番」というのは、能楽の三番叟の伝統を受け継いだ格式のある芸能で、300年の伝統があり、
埼玉県指定無形民俗文化財及び、国選択民俗文化財に指定されています。
閏戸の愛宕神社は、普段は訪れる人のほとんど無い小さな社ですが、この日ばかりは大勢の見物
で賑わい、子供達が境内を走り回り、お年寄りが嬉しそうに語り合う、古くから伝わる豊作を祝い繁栄
を願う祭りらしい雰囲気で満たされていました。

P1010033


今年は天候にも恵まれ、会場は白熱灯に照らし出されてとても懐かしい賑わいを感じさせてくれました。
素人芸で有りながら、伝統と格式を備えた、長年受け継がれて来た物だけが持つ本物の味わいがあり
なんとも感動モノでした。

P1010041

 
一見の価値ありのおすすめ行事です。まだ見た事の無い方は是非来年の10月第2土曜日足を運んで
みてはどうでしょうか?